レディ

3Dスキャナーを活用し仕事を効率的に進めよう

紙を丈夫にする加工

婦人

ラミネート加工とは、1枚の紙の裏表にプラスチックフィルムを貼り合わせることで、耐久性を高めることをいいます。ラミネーターと呼ばれる機械にフィルムではさんだ紙を挿入するだけで、簡単に加工することができます。

美しい印刷を演出します

トナー

数多くある複写機の中でもリコーの複写機は高品質な印刷が可能という点で人気があります。リコーの複写機では感光体などの作像装置とトナーなどの定着装置を使用して印刷します。これらの装置の精度は高く、帯電、露光、現像、転写、定着、クリーニング、除電という工程を経て高品質な印刷を実現しています。

ビジネスに必須の電話機

電話機

携帯電話が普及した現在でも、独立開業ビジネスで顧客の信頼を得るにはビジネスホンの導入が欠かせません。ビジネスホンをリース契約すれば、高機能の最新機種でも安い初期費用で利用することができます。要望等のヒアリングから見積もりまでは無料というリース業者も多く、契約後にリース審査を経て導入工事を行ないます。

業務を効率的に行なう

3Dプリンター

会社では様々なOA機器を導入し、業務効率化や改善に役立てている。これらのOA機器で最近普及が始まっているものとして、3Dスキャナーがある。3Dスキャナーは、実物のものの情報を3Dデータとして取り込むことができる装置である。最近では、3Dプリンターが普及してきており、3Dプリンターでは3Dのデータ情報から実体を作り出す装置になるが、3Dスキャナーではこれとは逆に、3Dデータをコンピューターに取り込む装置になる。3Dスキャナーでは、その装置とパソコンなどを接続し、実体のものを3Dスキャナーの機器内に置くことでデータ取込される。通常は、ボタン1つなど簡単な操作で3Dデータを取りこむことができるため、簡単に利用できるものになっている。3Dデータを作成する場合、これまではパソコン上で専用ソフトを用いてデータを作成していく必要があり大きな手間がかかっていた。しかし、3Dスキャナーを活用することで、セットして放置しておくことで3Dデータを取りこみが可能になる。これらのデータは、通常では製品の開発などを行う際の設計データとして用いられることが多い。実際のものを3Dデータとして取り込み、そのデータをベースとして新しいものを作成していくなどに活用できる。新規で3Dデータを作成することに比べ、既に取りこまれたデータを加工していく方が効率がよく、開発時間の短縮にもつなげられる。このようなメリットから、導入されるケースが増えている。